キャンドル 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
キャンドル 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > キャンドル




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
キャンドル
キャンドルを灯してスローな夜を楽しむ全国的規模に広がりつつあるプロジェクトキャンペーンをご存知ですか?

「100万人のキャンドルナイト」です。

キャンドルを灯してスローな夜を楽しむこのプロジェクトは、最近は報道で取り上げられることの多くなりました。


キャンドルを灯してスローな夜を楽しむこのプロジェクトが始まったのは、2002年。

自然野菜の宅配を実施している「大地を守る会」で呼びかけたのが始まりです。

「大地を守る会」は、歌手の加藤登紀子さんのご主人が、本物の野菜作りで始めました。
無農薬・有機農業の野菜の宅配の草分けです。


無農薬・有機農業の野菜の宅配会社の呼びかけで始まった「キャンドルナイト・プロジェクト」を前身に、2003年には「100万人のキャンドルナイト」となりました。

2004年夏至の「100万人のキャンドルナイト」には、東京タワーや札幌時計台、大阪城など全国6,000箇所以上の施設が消灯し、環境省の調べでは640万人が参加するほどの全国的な広がりをみせています。

2005年の夏至には、新聞やTVでキャンドルナイトが大きく取り上げられました。

「100万人のキャンドルナイト」は、夏至と冬至の年2回あります。


「100万人のキャンドルナイト」への参加方法は、自宅の電気を消してキャンドルを灯せば、キャンドルナイト。

キャンドルを灯す日は、冬至の場合は一日間です。

キャンドルを灯す時間は、夜8時~10時までの2時間ですが、1時間の参加でも大丈夫です。

キャンドルを灯して、音楽を聴いたり、ゆったりとリラックス。

キャンドルの灯りで夕食も素敵です。

「100万人のキャンドルナイト」のHPを観ると、色々な方がキャンドルを灯してスローな夜を楽しんでいる画像がみれます。

また、「100万人のキャンドルナイト」のHPへ、ご自身がキャンドルを灯している様子の画像を投稿することが出来ます。

キャンドルの色々な楽しみ方を知ると、キャンドルの楽しさが広がります。


「100万人のキャンドルナイト」の趣旨は、電気を消してスロー夜を楽しもうです。

電気を消して真っ暗にして早めに就寝すれば、これもキャンドルナイトの変形でので、小さなお子さんがいるなどで火を使うのが心配なご家庭は「早く寝る」のも立派な参加方法の一つです。


キャンドルを灯して、いつもと違ったスローな雰囲気を楽しんでみませんか?
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<アラサー | HOME:話題のピックアップ | 和蝋燭(わろうそく)と「赤い蝋燭と人魚」>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。