ラベンダーとアロマテラピー 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
ラベンダーとアロマテラピー 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 美容・ダイエット・アロマ > ラベンダーとアロマテラピー




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
ラベンダーとアロマテラピー
ラベンダーの語源は、ラテン語の「洗う」を意味します。

アロマテラピーにおいて、ラベンダーエッセンシャルオイル(精油)は、一番人気のあるエッセンシャルオイル(精油)です。

ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)は、アロマテラピーでは代表的な精油とされていてる理由は、用途が非常に広い事から1番活躍するオイルです。

そんな理由からでしょうか、ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)はアロマテラピーでは「万能精油」とも呼ばれています。

ラベンダーアロマテラピーには、実はとても深い関係があります。

フランス語で、芳香を意味するアロマと療法を意味するテラピーを合わせて、アロマテラピー(芳香療法)との造語を作り出したのは、フランス人の化学者ガットフォセ博士です。

アロマテラピーの言葉が生まれるきっかけとなった事は…
博士が、実験中に重度の火傷を負った時に、薄めていないラベンダー精油に浸したら…なんと、痛みがひき、跡形もなく治ったという有名な話からだそうです。


アロマテラピーでは、エッセンシャルオイル(精油)を、通常直接肌にはつけません。

エッセンシャルオイルは、非常に濃縮されていますので直接肌に付けるには強すぎるのです。

ラベンダーオイルは、原液のまま肌につけてもよいオイルとアロマテラピーで認識されているのは、もしかするとガットフォセ博士の経験からかも知れませんね。(ただし目をはじめとした粘膜につけるのは止めましょう)

ラベンダーは古代から薬用植物として、沐浴やまじない的にラベンダーの小枝を焚いて流行病をふせいでいたりと、ラベンダーはいろいろな民間医療で使われていた使われていたそうです。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<ラベンダーオイルの種類 | HOME:話題のピックアップ | ラベンダーと時をかける少女>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。