糖尿病とマゴットセラピー 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
糖尿病とマゴットセラピー 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康・デトックス > 糖尿病とマゴットセラピー




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
糖尿病とマゴットセラピー
糖尿病にマゴットセラピー

糖尿病/strong>を患っている方に、ぜひ知っていただきたい情報を知りました。

糖尿病/strong>は合併症が一番深刻な病気です。

糖尿病/strong>などの合併症の中でも、手足が壊死する「難治性潰瘍」は、かかってしまうと手足を切断する方法しか、今まで治療法がありませんでした。

「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を岡山大の三井秀也講師という方が実施したところ、9割の方が壊死による足切断から免れたということです。

マゴットセラピーを難治性潰瘍で足切断を迫られた60代の女性に、オーストラリア留学中に知った三井秀也講師は実施したところ、潰瘍が小さくなり足の切断も免れたそうです。

マゴットセラピーとは、ハエの幼虫を壊死した皮膚にガーゼで固定するもので、この幼虫が腐敗した皮膚を食べ、キズの回復を早めるものだそうです。

マゴットセラピーに使われているのはヒロズキンバエの幼虫で、オーストラリア
から輸入していた時は、完治まで30万円ほどかかったそうです。

今は自前で育てたヒロズキンバエの幼虫を使うようになったので費用は12~18万
円で済むそうですが、それでも保険が適用となっていないため患者の負担額が大
きいといわれているようです。

ハエの幼虫に皮膚を食べられってのが少々微妙なところですが、足を切断することを考えたら30万円出しても惜しくないと思ってしまいます。

画期的なこのマゴットセラピー
英国では保険医療が認められているそうなので、日本でも早く保険適用になれば助かる方が増えると思います。

糖尿病/strong>の中でも、一番重い症状の壊死は切断するしかありませんが、切断することへの心身へのストレスが大きいのは言うまでもありません。

糖尿病/strong>は、昔は贅沢病といわれていましたが、現在は深刻な国民病的な病気になっていますので、今は健康に問題が無くてもマゴットセラピーをぜひ憶えていてください。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<UJIターン | HOME:話題のピックアップ | エステでのレーザー脱毛(IPL脱毛)>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。