保育士と幼稚園教諭のボーダレス化 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
保育士と幼稚園教諭のボーダレス化 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 保育士と幼稚園教諭のボーダレス化




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
保育士と幼稚園教諭のボーダレス化
保育士幼稚園教諭は、共に子どもに関わるための資格や免許です。

保育士幼稚園教諭の二つは、実際の業務としては限りなくクロスオーバーしていますし、時代の流れかボーダーレス化が進んでいるようです。

保育士幼稚園教諭の2つの資格を同時に取得することができる学校が増えてきました。

これによって、両方の資格を持つ人も増える傾向にあります。

将来的には幼稚園と保育所を一元化しようという動きがあるのです。

そのために、養成校で学ぶ科目に共通するものが増えたことも要因となっているようです。
この2つの資格を同時に取得しようとするうえでの学習の負担は、以前に比べ軽くなってきているのが事実です。

また、保育士を対象に「幼稚園教員資格認定試験」が実施されているので、幼稚園教諭2種免許を試験で取得できるようにもなりました。

保育士の資格は一度試験に合格して登録すれば、都道府県知事から取り消しを受けない限りは更新や失効はありません。

結婚や出産で一時的に退職したとしても、生涯保育士であり続けることができるのが大きなメリットと言えるでしょう。

また、認可保育所においては、短時間勤務の保育士の枠が拡大されたので、家庭や育児との両立をはかりながら仕事をするというチャンスも増えてきています。
短時間勤務を選ぶと、1日6時間未満、あるいは1ヶ月20日未満の勤務をすることができます。

保育士幼稚園教諭と行政側で区分けしても、子どもを相手にする事は同じですし、保育士幼稚園教諭の子どもに対する心構えも同じです。

保育士幼稚園教諭と、今まで分かれていた方がおかしい気もします。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<保育士になる方法 | HOME:話題のピックアップ | Apple TV>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。