保育士と幼稚園教諭の違いとは 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
保育士と幼稚園教諭の違いとは 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 教育・英語 > 保育士と幼稚園教諭の違いとは




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
保育士と幼稚園教諭の違いとは
保育士は、保育園をはじめ子どもをケアする仕事。

保育士の資格は、そういった子どもをケアする仕事に就くには必要な資格です。

保育士のほかにも、幼稚園教諭という子どもに関わる仕事をするための免許があります。

保育士という資格は、保育士1種類です。

幼稚園教諭の免許には1種、2種、専修と3種類あります。取得する単位数の違いなどによるものです。

幼稚園教諭養成課程のある大学では、1種が取得できます。
大学と同様の養成課程のある短大や文部科学大臣の指定する専門学校では2種。
大学院修士課程や専攻科で専修です。

保育士幼稚園教諭の違いは何でしょうか。
保育士は、保育所以外にも児童福祉施設でも働けます。
しかし、幼稚園教諭は幼稚園だけに限定されています。

保育士の対象になる子供は0~18歳までですが、幼稚園教諭の対象は満3歳~小学校入学前までです。

また、保育士は早番、遅番などのあるシフト勤務であることが多く、幼稚園教諭は固定勤務が一般的であるというのも違うところです。

保育士の場合は、勤務の状況から時間で決めることが難しい場面があるのにたいして、幼稚園ならある程度時間が決まっています。

保育士幼稚園教諭の大きな違いは、管轄する省庁の違いによるものでもあります。

子どもをケアする仕事に保育士幼稚園教諭の二つが存在するのも、もしかすると縦割り行政の象徴かもしれませんね。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<Apple TV | HOME:話題のピックアップ | 金銭感覚を育てる金融教育>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。