金銭感覚を育てる金融教育 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
金銭感覚を育てる金融教育 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> マネー > 金銭感覚を育てる金融教育




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
金銭感覚を育てる金融教育
金融という言葉自体、余り日常では使わない言葉ですね。

金融教育というと、なんだか大きいことのように感じてしまうかもしれませんね。

金融教育というよりも金銭教育と表現したほうがなじみやすいかもしれませんね。

金融教育の第一歩は、まず金銭教育が取り上げられます。

金融を理解し、身につけるうえで金銭教育は役立ちます。

金融とは、実は生活全般に関わりのあることです。
金銭教育を実践している学校では、それぞれの教科など、教育課程全体の中で理解をうながすようにして、さらに実践を図るようにしています。

さらに、学校での教育課程以外でも、日常の生活指導や家庭との連携、協力にも力を入れる取り組みをしています。

金融の教育は、知識だけではなく、生活の中で取り入れることが大事なため、PTAとの緊密な連携・協力も必要となります。
金銭教育研究校では学級懇談会や地区懇談会における研修活動を始めとして、清掃や廃品回収などの地域活動も行います。
また、学校通信や金銭教育だよりなど、多くの情報を提供する広報活動を活発に行っています。

金銭教育を推進してみると、子どもたちに変化がでてきます。

子どもたちの口から「もったいない」ということばがよく出るようになったというものを始め、物やお金を大切にして、よく考えて使うようになったというものがあります。
また、人に対する思いやりや感謝の心が芽生えてきたという変化もあります。
多くの好ましい変化がみられるといわれています。

我が家で実践しているのは、やはり金融教育というよりも金銭教育です。

子どもにも分かりやすく理解させるために、お金と引き換えになる事や手にする価値の相関関係を教えています。

例えば、使う分の金を稼ぐ為に何時間働く。そしてモノを買ったり楽しい時間を過ごせるのだという風にです。

お金と引き換えになる事や手にする価値の相関関係が理解できることが、金銭教育であり、金融教育につながるのだと思っています。




スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<保育士と幼稚園教諭の違いとは | HOME:話題のピックアップ | 金融教育ともったいない「MOTTAINAI」>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。