金融教育ともったいない「MOTTAINAI」 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
金融教育ともったいない「MOTTAINAI」 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 金融教育ともったいない「MOTTAINAI」




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
金融教育ともったいない「MOTTAINAI」
金融に関する不幸な報道や不祥事が続くのはどうしてでしょうか?

金融教育は今まで日本では殆ど行われていませんでしたが、欧米では金融教育が行われてきました。

金融教育も、小さいうちから体験を積むことが効果的のようです。

幼児期は、すべてのしつけの出発点ですね。

幼児教育の一環として、金融教育も取り入れることがよいと思われます。

金融教育も、言葉で説明して教えるより、実際に体験をさせたほうが分かりやすく効果的です。

金融教育を幼児教育の一環として考えれば、お買い物体験は有効かもしれません。

金融教育の一環として、幼稚園児にこづかいを与えたほうがよいのか、と考える方もいるでしょう。
一般には5歳ぐらいになれば、こづかいを使うことができると言われています。
しかし、各家庭や周辺の事情もさまざまですので、一概には言えない部分もあります。

金融教育の一環としておこづかいを与えるとしたら、一回に与える額や場合を決めておきましょう。
無制限に与えないことが大切です。
そして、買ったものは親に見せることが約束です。
それらを守らせることも大切なしつけだと思います。

最近のこどもは、お正月のお年玉や誕生日のプレゼントなどに、物よりお金を欲しがるようです。
しかし、お金の使い方のよく分からない小さな子に、たくさんのお金をいちどに与えることには、人格の形成の上で大きな問題があると思います。

お金をどのように使うかは、親子で一緒に話し合い、使い方を学ぶ機会にしましょう。

こどもは自分が気に入らない場合や、正しい扱い方が分からない場合など、物を投げたり乱暴に扱ったりすることがあります。

お金や物が多すぎると、大切にする習慣がつかず、乱暴に扱うことになりかねません。

もったいない「MOTTAINAI」と言う日本の美しい精神が、昨年から国連をはじめ世界で注目され始めました。

金融教育を通してモノを大切にする、もったいない「MOTTAINAI」精神も育てたいですね。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<金銭感覚を育てる金融教育 | HOME:話題のピックアップ | 東京ディズニーランドmeetジャック・スパロウ>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。