金銭教育 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
金銭教育 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 教育・英語 > 金銭教育




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
金銭教育
金融やお金の教育を体験できる場所が増えています。

金融やお金の教育を学校内で通用する通貨を設定したりと、子どものうちから金銭教育を指導しているところも出てきました。

そんな、金融に関するニュースに触れる機会がとても多いこのごろ。
金融関連の難しい知識は今まで馴染みが薄いだけでなく、教育そのものもあまりされてきませんでした。

日本では金融に対して実践的な教育カリキュラムがほとんどないため、大人でも資産運用に関してどうしたらいいのか分からない人が多いようです。

さらに、今のこどもたちは、豊かな物に囲まれて何不自由なく育っています。
落とし物をしても取りに来ない、物をなくしたらまたすぐ新しく買えばいいなど、物を大切にしない傾向が強くなってしまいました。
たくさんのおこづかいをもらってしまう、勤労の尊さがわからない、などともいわれます。物が豊かであるだけに、物やお金を大切にする心を育てる教育が必要といわれるようになったのは、こんな背景があります。
金融というと範囲が大きいですが、まずは金銭教育から始めることがいいようです。
金銭教育は、子どもたちに物やお金の価値や役割についてまず理解させるのが目的です。
物やお金を大切にし、それを生かして使うにはどうすればいいかを学びます。
健全な金銭感覚というものを学び、資源の無駄づかいを避ける心配りを身につけると同時に、社会的な人との関わり方を考え、人格の形成を促すことも目的です。
そこからこどもたちは、社会人としての大切な資質を育んでいくことができるのです。

金融広報中央委員会は「金銭教育の普及」を活動の3本柱のひとつとして位置付け、活動している機関です。
3本柱とは:
1.金融経済情報のサービス
2.生活設計の勧め
3.金銭教育の普及
です。


金融やお金は、生活には絶対に必要な事ですが、日本ではお金に関することは日常的な会話の中で口にするのは卑しいという風潮が今までありました。

大人になって一人暮らしを始めて、初めてお金の大切さを知るよりも子どものうちから金融やお金に関する事を学べる今の子どもは羨ましいですね。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<保育士 | HOME:話題のピックアップ | 健康保険の改正 その3>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。