健康保険の改正 その3 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
健康保険の改正 その3 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 健康保険の改正 その3




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
健康保険の改正 その3
健康保険の改正のたびに、医療費の負担が増えるように感じるのは私だけでしょうか?

健康保険への加入者も少子高齢化が加速しているので、国庫の負担が増えてもいますが…
今回の健康保険改正で、「任意継続被保険者への手当金の廃止」と「入院時の窓口負担」が変わります。

任意継続被保険者に対する傷病手当金、出産手当金の支給が廃止されます。
任意継続被保険者とは、会社を辞めるときに加入していた健康保険組合の加入を自分の意志で継続した健康保険の加入者のことをいいます。

従来、1年以上被保険者期間のある人が資格喪失後6ヵ月間以内に出産した場合にも、出産手当金は支給されていました。

これが支給されなくなる訳ですが、すでに傷病手当金および出産手当金を受け取っている方のために、それぞれ「経過措置」が設けられています。

任意継続被保険者への手当金の廃止は、今後大量に定年を迎える団塊の世代を直撃しそうです。


また、入院時の窓口負担は「自己負担限度額まで」になります。

健康保険で医療を受けた場合の自己負担が高額になり、1ヵ月あたりの自己負担限度額を超過した場合には、超えた金額が「高額療養費」となり、健康保険から支給されることになっています。

○2007年3月まで
70歳未満の患者が高額療養費の対象となった場合、医療費の3割(3歳未満は2割)を窓口で支払い、自己負担限度額を超過した場合は、後日、払い戻しを受けます。

○2007年4月から【事前申請が必要】
健康保険限度額適用認定証」を医療機関に提示することで、入院治療する場合、ひとつの医療機関ごとの窓口支払が、自己負担限度額までで済むようになります。限度額を超えた分は医療機関が各保険組合に請求します。

自己負担限度額は収入によって違いますので、この制度を利用するには「健康保険限度額適用認定証を窓口に提示すること」が必要となります。
認定証は各保険組合にて交付してもらいます。

平成14年からすでに70歳以上では実施していましたが、70歳未満の人も対象となりました。
入院が決まったら、入院前に必ず申請するようにしましょう。

健康保険改正は、医療制度改革に伴い、2007年4月から健康保険の一部が改正されます。
健康保険に限らず、確定申告での控除もそうですが、国からお金が戻ってくるようにするためには、今後ますます自分自身で申請する事が必要となってくるようです。

後から知らなかった…と後悔しないように心がけたいですね。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<金銭教育 | HOME:話題のピックアップ | 健康保険の改正 その2>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。