バレンタインデーの由来 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
バレンタインデーの由来 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > バレンタインデーの由来




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
バレンタインデーの由来
バレンタインデーの由来バレンタインデーの由来で一般的に知られているのは、兵士の結婚を禁止する法令に逆らって、、愛し合う男女を密かに結婚させていたキリスト教の司祭バレンチノ(バレンタイン)が由来といわれています。

しかし、バレンタインデーの起源や由来には、キリスト教の司祭バレンチノ(バレンタイン)だけではないのです。

キリスト教国になる以前のローマは、多神教でした。

バレンタインデー当日の2月14日は、ローマの女神ユノ(Juno、ジュノ)の祝日でした。

女神ユノ(Juno、ジュノ)は、しばしばギリシア神話のヘラと同一視されるローマ神話の家庭の神である女神です。

ユノは6月を司るので、「6月の花嫁」(ジューンブライド)は、6月の守護神で家庭の神であるユノに祝福された花嫁という意味になります。

また、バレインタインデーの翌日2月15日は、古代ローマのルペルカリア(Lupercalia:多産・豊穣の神)を祭る日でもあり、春祭りとしてお祝いすると同時に日常、別々に生活をしている若い男女たちの出会いとパートナー探しのお祭りでもありました。

バレンタインデーの2月14日の夕方に、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭が始まる翌15日には男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間パートナーになったり、時には1年間も付き合ったり結婚するカップルもいたそうです。


496年にローマ教皇ゲラシウス一世が風紀の乱れを憂えて、ルペルカーリア祭を禁じ代わりにクソ真面目一色のローマ聖人を祭る宗教色の濃い行事にしてしました。

バレンタイン(バレンチノ)は、ルペルカーリア祭にささげる生贄と2月14日処刑されました。

ローマがキリスト教国になったことで、聖バレンタイン(バレンチノ)は、ルペルカリア祭をよりキリスト教的な行事にするシンボリズムとして祭り上げられました。

2月14日に殉教した聖バレンタインをこの行事の守護聖人としたそうです。

バレンタインデーは、キリスト教徒にも祭日となり、恋人たちの日や愛の誓いの日とされ、ヨーロッパをはじめアジアは日本だけでなく、世界各地で様々な祝い方があります。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<バレンタインデーの贈り物 | HOME:話題のピックアップ | バレンタインデー症候群>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。