バレンタインデー症候群 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
バレンタインデー症候群 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > バレンタインデー症候群




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
バレンタインデー症候群
バレンタインデー症候群ってのがあるのですね。

バレンタインデー症候群は、2月14日のバレンタインデーの日から数日後にアレルギー症状を持って医師、歯科医師の診断を受けに行く方のことだそうです。

この時期は、チョコレートアレルギーが多くなる時期とされており、バレンタインデーにちなんで、バレンタインデー症候群と呼ばれているそうです。

バレンタインデー症候群とは、正式な病理疾患名、臨床疾患名でもなく、単なる総称名です。

最近、バレンタインデー症候群で病院を受診する子どもが増えているそうです。

チョコレートアレルギーとは、お菓子の一つ「チョコレート」(カカオ)を食べることによって起こるアレルギー症状です。

症状は、下痢、嘔吐、鼻血、腹痛、痙攣など様々な反応があるようです。

バレンタインデー症候群やチョコレートアレルギーは、チョコレートおよびカカオ主原料食品には、チラミンと呼ばれる血管浮腫物質が含まれているそうです。

チラミンは血管の収縮を起こし、効果が切れると急激に血管の拡張が起こり、粘膜が腫れたり鼻の粘膜が腫れて鼻血を出す事や蕁麻疹が出たり、頭痛が起きたり、腸の粘膜が腫れて腹痛や嘔吐、下痢を起こすこともあるそうです。

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出ると子どもの頃によく言われたのは、本当だったんですね。

カカオには、ニッケルの含有量も多いそうですので、金属アレルギーの体質の人は症状が出たり、悪化することもあるそうです。

また、チョコレートには、アレルギー反応と似たような症状を引き起こし痒みを起こす化学物質などが含まれていている仮性アレルゲンが含まれているそうです。

もともとチョコレートやココアの原料のカカオは、神経の興奮作用があり、興奮剤、性欲増強剤として使われていたアオギリ科の木の実から作られます。

バレンタインデーチョコレートを沢山貰っても、一度に全部食べようと思わない方が賢明のようです。

平成9年度の厚生省の食物アレルギー対策検討委員会報告書で、チョコレートのアレルギーが0.29%だったそうです。


スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<バレンタインデーの由来 | HOME:話題のピックアップ | バレンタインチョコレートの平均予算額>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。