税理士の業務とは 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
税理士の業務とは 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> マネー > 税理士の業務とは




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
税理士の業務とは
確定申告の時期になると税理士に相談する方もいらっしゃるのではないでしょうか?
確定申告の際に書類を確認してくれる人は税理士です。

日本の税制度では、サラリーマンの場合は特に控除を受けないのであれば通常確定申告を行うことはあまりありません。
しかし会社を経営されている方や自営業などの場合は、確定申告が必要となります。
しかし、細かく複雑な納税にかんする書類を誰もがカンタンに作成し、確定申告したりするのが得意なわけではないでしょう。
そんなとき、税理士にお願いする人も多いのではないでしょうか。


税理士は、つねに独立した税に対する公正な立場が求められる税の専門家です。

税理士は、申告納税制度の理念にそって、 納税者の信頼にこたえ、法令で決められた納税義務を適正に実現することが勤めの国家資格です。

税理士の業務は大きく5つに分けられます。

1.税務の代理
2.税務書類の作成
3.税務相談
4.会計業務
5.税務訴訟において補佐人となる業務


税理士になるには…

税理士とは、国家資格である税理士試験に合格した者。
もしくは、 税理士試験を免除された者であることが必要です。

また、 弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む。)
それから、 公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む。)
以上のいずれかに該当しなければなりません。

その上で日本税理士会連合会において税理士名簿に登録します。

また、税理士として仕事をするならば、税理士会に入会して業務を行っていきます。
税理士となるには、税理士試験を合格する必要があります。

税理士試験の受験資格は、以下の4種類があります。

1)学識
大学、専修学校卒業(法律学・経済学を履修)など
2)資格
日商簿記1級・全経簿記上級合格など
3)職歴
会計に関する業務に3年以上従事など
4)認定
国税審議会により受験資格に関して個別認定

税理士試験の受験資格の条件は意外と沢山ありますので、既に税理士試験の受験資格を持っている方もを満たしている可能性がありますので、税理士になりたい方はチェックしてくださいね。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<みんなで国語辞典! | HOME:話題のピックアップ | 受験対策の最終心得>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。