高齢者向け賃貸マンションの現状 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
高齢者向け賃貸マンションの現状 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 高齢者向け賃貸マンションの現状




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
高齢者向け賃貸マンションの現状
高齢者向け賃貸マンション」の普及が広がりつつあります。

出生者の割合が多少増えたとはいえ、日本の高齢者の人口比率は依然高いまま推移しそうです。

高齢者が暮らしやすい街づくりが必要との考えが高まりはじめて、日本の住宅事情や街づくりが変わりはじめつつあるようです。


高齢者が安心して暮らせる終の住みかとして、高齢者を中心として街づくりを試みているのが、「高齢者向け賃貸マンション」です。

高齢者に優しく快適で暮らしやすい生活・医療・介護が結びついた1つの街として、高齢者向けの住宅として考えられているのが、「高齢者向け賃貸マンション」です。

高齢者向け賃貸マンションの価格はいろいろありますが、ひとつの例を挙げると、埼玉の熊谷にある「楓コート」では、入会金(1人)100万円、入居一時金1,150万円、月額利用料18万円とされています。

高齢者の方々が自己責任と自己選択で、自分たちの住み良い高齢者向けマンションを選ぶということが高齢者向け賃貸マンションでは重要視されています。


また、4人に1人が65歳以上という高齢者社会となる日本において、65歳以上の死亡者の82.4%が病院で亡くなっています。

東京都の中央区にある「サンシティ銀座EAST」という高齢者向け賃貸マンションでは、3~6階までは介護つき老人ホーム、7~29階は住居スペースとなっており、常時介護が必要になった場合に、上層階に住む人が3~6階に移る仕組みになっています。

この高齢者向け賃貸マンションの内装は非常に美しく、老人ホームの雰囲気はありません。
入居費用は1LDKで約7,000万円、管理費(月)は約17万円(1人)と高額になっていますが、需要は多いようです。


大阪市にある弁天町駅から徒歩1分の場所にあるのは「クロスタワー大阪ベイ」という分譲マンションです。

その中に、「グッドタイム リビング 大阪ベイ」という住宅型の老人ホームがあります。

契約金50万円、入居一時金420万円、月額利用料22万円ですが、横に大きなマンションもあり、そこに親族が住むこともできる、という親子世代・家族の絆を重要視する施設も考えられています。

リタイアメントコミュニティーという高齢者のための街づくりが、今、日本で広まりつつあるのです。

高齢者にとって優しく暮らしやすい街づくりは、子どもを持っているファミリー層にとっても、誰でもが暮らしやすい街と思います。。

高齢者が増えていくことで、今後街づくりにもユニバーサル化が進むのでしょうね。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<FX(外国為替証拠金取引)のリスク | HOME:話題のピックアップ | 派遣のメリット・デメリット」>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。