「ものもらい」の呼び方は250種以上?! 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
「ものもらい」の呼び方は250種以上?! 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康・デトックス > 「ものもらい」の呼び方は250種以上?!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
「ものもらい」の呼び方は250種以上?!
ものもらい」は、朝起きてを鏡を観たら突然なっていた方は多いのではないでしょうか?

ものもらい」は、の病気です。

を酷使したとか、泣きはらしたらとか特に思い当たるような事は無いのに、のまぶたに出来るおできのような感じで、のまぶたが腫れぼったくなったりしてアレです(笑)

とは言っても「ものもらい」は、立派なの病気です。

ものもらい」は、のまぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺に、黄色ブドウ球菌が感染することで、まぶたの裏側などが腫れて痛む病気で、医学的には「麦粒腫」(ばくりゅうしゅ)」といいます。

が「ものもらい」になる原因はさまざまですが、全国的に「ものもらい」はかなり数の呼び方があるようです。

薬で有名な大阪のロート製薬が数年前に、全国約1万方たちを対象に「ものもらい」の呼び名の調査をしましたそうです。

その結果「ものもらい」には、なんと250種類以上の呼び方があると分かったそうです。

の病気といえば「ものもらい」が直ぐに思い浮かぶぐらい、一般的なの病気だから、250種類以上の呼び方があるのかしら…


ものもらい」の地域によって違う呼び方をかんたんに紹介すると…

北海道地域では「めっぱ」、
東北の宮城県では「ばか」とも呼ぶそうですが、他の東北関東地区では「ものもらい」と呼ぶことが多いらしいです。

関西地方の大阪では「めばちこ」。
中国・九州地域では「めいぼ」と呼ぶ地域もあるそうです。
そういえば、関西弁のお笑い芸人が「めばちこ」と言っているのを聞いたことがありますが、関西出身の友人に聞くまで「ものもらい」の事だと分かりませんでした。

ものもらい」は、他にも「おひめさん」「おきゃくさん」「おともだち」など地域によって様々な呼び名があるようですよ。

ものもらい」を、あなたの地域はどんな風に呼んでいますか?

そうそう子どもの頃「ものもらい」にかかると…
何かモノを何か拾ったから「ものもらい」になったのだと良くからかわれましたっけ(笑)

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<パワーストーンのエステ(モンテセラピー) | HOME:話題のピックアップ | FX(外国為替証拠金取引)と税金(確定申告)>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。