ソロス氏の伝記コミック 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
ソロス氏の伝記コミック 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> マネー > ソロス氏の伝記コミック




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
ソロス氏の伝記コミック
ジョージ・ソロス氏の伝記コミック(漫画)がありました。
ソロス氏は、稀代の投機家で巨万の富を築いた、ヘッジファンドの帝王。
そして、アジア金融危機の原因を作った男といわれています。
70歳を超えたソロス氏は今でも、金融界のみならず国際政治にも影響を与えると言われ、現代の世界で最も謎の多いリーダーと称されています。

金融投資の世界は既に引退しているソロス氏ですか、未だに世界の投資金融に影響力があります。

ソロス氏のコミック(漫画)では、彼の波乱に満ちた半生を描いています。

投資金融の分野で未だに大きな影響のあるソロス氏は、現在と金融投資の本を何冊も世に出してますが、ソロス氏を理解するのは、一番分かりやすいと思います。


ナチス支配下のハンガリーに生まれ、ユダヤ人の悲哀を味わったジョージ・ソロス
投資の世界で名声を勝ち得る反面、政治的強者に対する抵抗の姿勢を鮮明にする。
あるときは東南アジアの通貨危機を演出した投機家として悪のレッテルをはられ、あるときは社会主義時代の東欧に大量の情報機器を送り、現地の民主化運動を支援する慈善家として尊敬を集める。
世界を動かす大投機家の素顔に迫った珠玉の伝記コミック。
その知られざる人間ドラマは、投資や投機に関心のない人にとっても一見の価値あり―だ。


カスタマーレビューより(アマゾン)
ジョージ・ソロスというと、「金持ち」というイメージや色々な国の通貨をいじめた印象しかなかったが、こんマンガはとても面白かった。
彼がハンガリー生まれなのも初めて知ったし、どうして米国に来て、どうして相場関連の仕事に就いたのかも初めて知った。
そのあとの相場に対する、姿勢、方針、苦労も書いてありとても参考になった。

有名なソロス氏の伝記マンガです。面白くて一気に読んでしまいました。1992年のポンド危機からはや13年、そんなに時間がたったことが信じられないくらいです。伝記物としてもコンパクトなわりによくまとまっていてとても面白いです。


もっと読み応えのあるのをお望みならば…

ソロス
以前、雑誌日経ビジネスでは「ソロス」をこう紹介しています。

彼を「国境なき政治家」「自らの外交政策を持つ唯一の民間人」などと呼ぶ要人もいる。それは称賛とも中傷ともつかない複雑な思いと、畏れの念の表れにほかならない。
本書は、元ニューヨーク・タイムズの記者が、ソロス氏が支援するハンガリーの雑誌の編集に関わったのをきっかけに、これまで本人の口からは公にされることのなかった“立身出世の物語”を、膨大な資料を基にまとめ上げたもの。投機家としての側面だけでなく、100億ドル以上を費やしてきたという世界規模の慈善事業について、また、哲学者を目指したユダヤ青年の夢と挫折について詳しく解説していく。

「多くの金持ちは、財産が増えるにつれ、いろいろな贅沢ごとに手を伸ばすものだが、ソロスはそうしたものにはさっぱり興味が湧かなかった」という。彼の目的は国家や民族のしがらみを解き放った「開かれた社会」の実現であり、今後もそれに向かって大胆な行動を起こすだろうと予測する。

カスタマーレビューより(アマゾン)
幼年期から書き起こしてあるがみんなが興味あるのは投資家として
どのように成功していったかでしょう。
その点、どの本よりも詳しく書かれてあります。
ただあちこちの本から引用した部分も多く、新鮮味にはかけますが
すべて網羅されています。
ドラッケンミラーを後継者としたのも、ソロス自身のやり方と合致したものがあったのがわかります。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<役者木村拓哉の「華麗なる一族」 | HOME:話題のピックアップ | 投資の匠ジョージ・ソロス(George Soros)とは>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。