クレジットカードには年齢制限があります 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
クレジットカードには年齢制限があります 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> マネー > クレジットカードには年齢制限があります




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
クレジットカードには年齢制限があります
クレジットカードの入会には年齢制限があります。
クレジットカードに申し込みが出来るのは、ほとんどの場合18歳以上です。(高校生は除く)

しかし、18歳・19歳の未成年の場合は、クレジットカードの申し込みは親権者の「同意」を必要とするケースがあります。
特に学生の場合、クレジットカードの申し込みは親権者の「同意」が常に必要と考えておいた方がいいでしょう。

クレジットカードの年齢制限で親権者の「同意」を得る方法としては…
主にクレジットカード会社から電話で「息子(娘)さんにクレジットカードを発行しますがご了承いただけますでしょうか?」と親権者に確認する程度で、クレジットカードの加入に関して親権者の「同意」というのは「連帯保証」とは違い、法的には特に拘束力を持ちません。

親権者の「同意」には、書類のやりとりなど、あまり厳密なことは行わなわないクレジットカード会社が多いようです。

しかし、クレジットカードと言っても、キャッシング業者(消費者金融など)が発行するクレジットカードやキャッシングカードの場合には、原則として20歳以上でないと申込みの資格を与えていないクレジットカード会社が多いようです。

これは民法4条で定められていることで、「未成年者が単独で行った契約ごとは全て取り消しが可能」となっているためです。

クレジットカードよりも貸倒れリスクの高いキャッシング事業ではリスク回避のために未成年への対応は特に慎重になっているのです。

クレジットカードの加入に際しては、年齢の上限もあります。

ほとんどのクレジットカード会社では、65歳~70歳あたりに設定しているようです。

高齢者の場合は、特に年齢が同じ場合でも評価に違いがでます。
これは可処分所得(収入のうち、自由に使えるお金の額)が多いほどが高い評価になります。

また、クレジット=信用なので、クレジットカードの加入には家族構成も評価の対象となりますので、一概に年齢が高い方が有利とは限りません。

例えば30歳独身者の場合、養わなければならない家族がいないため、可処分所得が多いと判断されます。

この結果、同じ30歳でも子供がいる人よりもクレジットカードの加入に際しては高い評点になります。

一般的には、25歳未満の若年層ではクレジットカードの新規加入時は、利用限度額が抑えられる傾向にあります。


スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<リボルビング(Revolving)払い | HOME:話題のピックアップ | クレジットカードのショッピング枠を現金化とは…>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。