子育て中の親向け教育雑誌 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
子育て中の親向け教育雑誌 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 子育て中の親向け教育雑誌




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
子育て中の親向け教育雑誌
「親向けキッズ誌」といわれる親子のための教育雑誌は、学力向上や受験、食育、安全、遊びなど、幅広い情報を提供している新しい分野です。

読者層は、子育ての悩みがあるけれども、周りに相談者のいないキッズ世代を子育て中の親が多いそうです。

任天堂のWiiを初めヒット商品は、親子のコミュニケーションを楽しめる商品が大ヒットし、キッズ教育に高い関心を持つ父親もふえています。

現代キッズは、親が子どもの頃には考えもしなかったような環境で成長してます。

現代キッズは、携帯を使いこなして学校でもパソコン学習もあるので情報量は豊富。

親向けのキッズ雑誌が人気なのもそんなIT時代の流れと子どもを取り巻く環境が大きく変わっています。
特に身も心も大きく成長するキッズ(小学生)の子供をもつ親向けの子育て雑誌(親向けキッズ誌)が人気だそうです。

妊娠出産期や赤ちゃんを持っている親向けの雑誌を、妊娠した知り合いの保健婦さんが勉強になると毎月購読してました。

赤ちゃんの病気や食育、安全、遊びなどを満載した親向けの雑誌の年代を卒業すると、一般書店で購入できる親向けの情報が、とたんに切れて困った経験をしました。

子育て雑誌・育児雑誌が流行る中、子供だけでなく親子で勉強しよう、という教育雑誌が相次いで創刊されています。

代表的な親向けキッズ誌は、4誌あります。


○プレジデントファミリー(月刊) プレジデント社

キッズ世代最後の小学校高学年~中学生の子供を持つ親向け。
勉強や受験にポイントを置く。
部数20万部。
キャッチフレーズは、「子供を元気にする。親も元気になる」


○日経キッズプラス(月刊) 日経ホーム出版社

4~9歳のキッズを持つ親向け。
「遊び」「学び」「健康」をテーマに、「親子で生活を楽しむ」という生活情報誌で、エンターテイメント性が高い。
部数8万部。
キャッチフレーズは、「親子の時間に笑い声をプラス なるほど!をプラス 安心をプラス」


○edu(エデュー)(月刊) 小学館

小学生(キッズ)の子供を持つ母親向け
内容は食育や読書、教育法など小学校のママ向け。
部数8万5千部。
キャッチフレーズは、「小学生のママの子育てナビゲーションマガジン」


○アエラウィズキッズ(季刊) 朝日新聞社

幼稚園年中~小学生のキッズを持つ親向け
教育を中心としているが、バランスのとれた内容。
部数9万部。
キャッチフレーズは、「実用性のある親と子の情報誌」


4つの雑誌の内容は微妙に異なりますが、「勉強も遊びも親子で楽しむ」というテーマは同じ。

親子と雑誌から連想するのは、母親と子供というイメージがありますが、上記4つの雑誌は、父親を読者層に想定した内容や文面となっているそうです。

「母と子」ではなく、父親を含めた「親と子」を重視した子育て雑誌づくりをしているのが、これら「親向けキッズ誌」の特徴ともいえます。

キッズ時代は、父親が育児に参加する最後のチャンスだと思いますし、キッズ達に関心を持ち始める父親が増えれば、それだけ未来に関心を持ち始めた父親が増える事だと思います。
なによりも行動範囲が増えてる現代キッズ、育児に参加する父親が増えれば、それだけ母親の負担も減ると思います。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<家庭教師選びの費用のポイント | HOME:話題のピックアップ | ミニ保険(小額短期保険)とは>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。