膵がん(膵臓がん)とお砂糖の関係 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
膵がん(膵臓がん)とお砂糖の関係 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康・デトックス > 膵がん(膵臓がん)とお砂糖の関係




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
膵がん(膵臓がん)とお砂糖の関係
膵臓のがんのことを膵がん(膵臓がん)とは呼ばずに、一般に膵がんというそうです。

膵がん(膵がん(膵臓がん))はがんの中でも、膵臓はがんが発生しても見つけるのが非常に難しい箇所で、膵臓が身体の中央に位置するため治療が困難なガンともいわれています。

困ったことに、膵がん(膵がん(膵臓がん))は、ガンの中でも研究が進んでいないガンです。

なので、どのような要因から膵がんになりやすいのかもあまりわかっていません。

さらに、膵がん(膵がん(膵臓がん))は診断されてから亡くなるまでの期間が、他の消化器がんと比較して短いそうです。


そんな膵がん(膵臓がん)の原因として新たな研究結果が発表されました。


膵がん(膵臓がん)は、砂糖をたくさん含む食べ物や飲み物を多く摂ることによってその発症のリスクが最大約90%高くなる」とスウェーデンのカロリンスカ研究所研究チームがアメリカの医学誌に発表したそうです。

この研究チームによれば、糖尿病やがんにかかったことのない45才以上の男女約8万人を対象に膵がん(膵臓がん)を発症した131人の食習慣を調べ分析した結果、砂糖の摂取量が危険要因であったということです。

膵臓はあまり聞かない臓器ですが、膵臓が体の中でどんな働きをしている臓器なのかご存知ですか?

膵臓の働きは大きく二つに分けられます。

1つは膵臓の中にあるランゲルハンス島という部分がインスリンやグルカゴンなどのホルモンを血液中に分泌する働き。
もう1つは膵液を十二指腸に分泌する働きです。

通常『膵がん』とは膵管がんを指すほどでその約90%が膵液を運ぶ膵管がんであるほどです。

膵がん(膵臓がん)の症状は、腹痛、体重減少、黄疸などと言われていますが初期の頃はほぼ無症状のことが多く、背中が痛くなったり腹痛や下痢を伴う頃にはかなり進行しているようです。

国立がんセンターが膵がん(膵臓がん)を血液1滴で早期発見・診断法を開発したとの発表もありましたが、膵がん(膵臓がん)の危険因子として、今までも糖尿病や肥満、喫煙、膵炎や胆石症、遺伝的因子などがいわれています
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<派遣のメリット・デメリット」 | HOME:話題のピックアップ | お笑い芸人・ダウンタウンの年末年始特番>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。