鏡開きの意味と由来 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
鏡開きの意味と由来 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 鏡開きの意味と由来




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
鏡開きの意味と由来
鏡開きは、お正月に供えた鏡もちを食べる祝いの儀式です。

鏡開き」は、新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。

もちを一月十日まで飾って、十一日に飾りをとくと同時にもちを食べるのは、新しい年の健康や発展や開運を願う行事です。

鏡開き」は、歳神さま」にお供えしていた鏡もちをお下がりとして食べ、そのもちを食べた人は力を授けられると言い伝えられた事から、1年間の健康と開運を祈願する儀式です。

鏡開きでいただく、鏡もちの形は元々「三種の神器」鏡・玉・剣を表しているといわれていて、鏡がもち、みかん(だいだい)が玉、干し柿が剣を表しています。
また、鏡開きでいただく、おもちの鏡もちの形が二重に重なっているのは「重ね重ね」という願う気持ちを表しているとか、陰(月)と陽(太陽)を表しているとも言われています。

年末から正月の間「歳神さま」に供えて飾られていた鏡もちを割るということは、大正月の終わりと、その年の仕事始めを意味します。
現代でも道場開きなどは一月十一日に開始する所が多いようです。


現在の鏡開きは一月十一日に行うのが一般的ですが、昔の鏡開きは、正月二十日に行われていました。

室町時代から始まった武家社会の風習では「二十日に鏡を祝うは、初顔祝うという詞の縁をとるなり」と言われて、ハッカ(二十日)が刃柄と通じるところから、武家は具足開きをし、主家の鏡もちを君臣ともども分け合って主従固めをし、商家では、蔵開きをし、農村では田打ち正月をして、一年の出発としてました。

もちを一月十日まで飾って、十一日に飾りをとくと同時にもちを食べるのは、新しい年の健康や発展や開運を願う行事です。

また、鏡もちを20日の小豆粥(あずきがゆ)に入れる地方もあるそうです。

鏡開きが十一日に行なわれるようになったのは、徳川三代将軍家光の月命日が二十日だった為に、祝い事には忌日として避けて十一日に変更され、現在にいたっているとつたえられています。
ちなみに…
お正月の松の内は7日までが一般的ですが、もともとの松の内は15日まででした。
松の内が短くなったのも江戸時代と言う事です。


鏡開きで食べる鏡もちは、実際にはお餅を切るのですが、武家社会では「切る」「割る」という言葉は嫌われていました。
鏡もちを開く時には、切るにつながる刃物は使わず、出来たら木槌などで割る方が良く、「割る」という言葉は縁起が悪いとおめでたい時には忌み言葉として嫌われています。

鏡開きは、運を「開く」と言う意味をこめてられて鏡開きとしたそうです。

ですから、結婚式や新規オープンで良く見かける酒樽の蓋(鏡)を開くのは、鏡割ではなく、鏡開きと呼ぶのが正しいようです。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<イマン(フレンチカントリー) | HOME:話題のピックアップ | カントリー雑貨 アメリカンカントリー アメリカンカントリーファーニチャー>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。