金融とはお金の流れ 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
金融とはお金の流れ 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> マネー > 金融とはお金の流れ




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
金融とはお金の流れ
金融という言葉は、日々よく耳にする言葉ですが、金融の意味はしっかりと分かっていますか?

金融は幅広い意味をもつお金に関する言葉なので、金融というと大げさに聞こえてしまいますね。

金融は、お金に関する言葉ですし、お金に関する事を知っておくのは、大人の基礎知識ともいえると思います。


金融という言葉には、大雑把に分けて2つの意味があります。

金融の広い意味は「お金の流れ」。
金融を狭い意味にすると「お金の貸借」。

「貸借」というのは、余っているところから足りないところへ、「お金を融通すること」。
貸借には一時的な過不足の状態からバランスをとるための、お金の貸し借りのことも意味します。


では、金融の広い意味「お金の流れ」。

お金とは、どんなものでしょうか?天下のまわりもの?

そう、お金は天下のまわりものなのです。

現在の私たちの暮らしは、モノやサービスを交換する活動で成り立っています。

モノやサービスを交換する活動は、取引です。

この取引によって、生産と消費という活動がまわって、循環しています。

この循環活動が、経済です。

お金」があるからこそ、経済がスムーズに循環します。


お金がまだなかった頃には、物と物を直接交換をしていました。

物々交換ですね。
しかしこれはとても不便です。
自分の欲しいものを持っている相手を見つけなくてはなりません。
自分の欲しい物と相手の欲しい物が合致して、取り替えてもいいよ、ということにならないと、取引ができないからです。

しかし、この不便さを解消した画期的なものがお金だったのです。
こうして、交換取引の裏側には常にお金の流れ(=金融)がついてくるようになりました。
そのため、お金がどう流れているのかを見れば、経済(=物の循環活動)がどう動いているのかが分かるのです。

私たちは、お金という共通のものを持つ事で、異なったニーズを持っていても、さまざまな交換取引ができるようになったのです。

お金が存在するからこそ、売り手と買い手が物理的に遠い場所にいるときでも交換取引が行えます。

お金の大きな役割が、時間や場所を越えての交換取引ができることなのです。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<鏡開きの意味と由来 | HOME:話題のピックアップ | misonoのダイエットこぼれ話>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。