スパや温泉の飲泉 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
スパや温泉の飲泉 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > スパや温泉の飲泉




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
スパや温泉の飲泉
温泉は、寒い季節には特に嬉しいですね。

昔ながらの温泉も人気がありますが、最近新しく大都市にも天然温泉スパが増えています。

都市型の温泉スパは、気軽に温泉スパを楽しめると大人気だそうです。

都市型の温泉スパの中には朝早くから営業している温泉スパもあるそうで、朝温泉スパでリフレッシュしてから出社する方も増えているそうです。

しかし、世界の温泉の利用としては、温泉の中に身体を浸かるよりも、温泉を飲泉して健康増進に役立てている国の方が主流だそうです。

温泉好きのとしては、温泉に入らずに温泉水を飲むだけ、なんてもったいない!!と思いますね(笑)


飲泉とは、温泉水を飲む療法です。

しかし、日本でも古くから温泉に入るだけでなく温泉水を飲むことによって回復効果を得ようと考えていたそうです。

温泉水を飲む治療法は、日本書紀にも書かれているくらいです。

江戸時代の中期には日本における温泉医学の原点である「一本堂薬選續」(1738年)などの文献に温泉水を飲む時の注意事項や効果が書かれているそうです。


スパ療法が盛んなヨーロッパの温泉では、飲泉が盛んです。

ヨーロッパの温泉スパには、温泉施設に適切な飲泉の指導を行う温泉療法医がいるそうです。

日本にも温泉療法医はいますが、残念ながらスパ温泉は数あれど温泉療法医の元で飲泉を指導しているところは、まずありません。


飲用許可のある温泉に行った場合、温泉療法医がいればその指示に従い、そうでなければ飲用には新鮮な温泉水を用いて1回につきコップ一杯程度にして様子をみた方が良さそうです。

温泉水の飲用についての利用基準は環境庁によって定められ、注意事項も発表されていますので、注意事項にしたがって温泉の飲泉を試してみては?
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<ビタミンC | HOME:話題のピックアップ | 鍼灸ツボの世界統一>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。