花粉飛散量 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
花粉飛散量 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 花粉飛散量




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
花粉飛散量
花粉は、日本人の5~6人に1人が罹患するとも言われて、花粉は国民的な広がりから花粉は日本人の国民病とも言えるようになってきました。

花粉は色々な花粉が原因となりますが、花粉の中でも発症する方が一番多いのはスギ花粉による花粉です。

2007年のスギとヒノキの花粉飛散予測が環境省から発表されました。

花粉飛散が観測史上初の大飛散年となった2006年の春より花粉の飛散量は15~50%程度の予想。
また、花粉の方には、嬉しいことに平年の花粉飛散に比べて花粉の飛散量は、北海道、青森、熊本、鹿児島の4道県を除いて平年より少ない予想です。

花粉の飛散量減少理由は、夏の日照時間が少なく、実の付き方が悪かったからということです。

花粉といえば、近頃は結核予防ワクチンのBCGに花粉などのアレルギー反応を抑制する働きがあることを、理化学研究所と千葉大の研究グループが突き止めたそうです。

また、BCGを接種したヒトの血液を調べたところ、アレルギーを抑える同様のメカニズムがあることも判明したようで、さらなる研究解明が待たれるところです。

花粉は、花粉の飛散期にアレルギー性鼻炎の症状が起こるため、季節性アレルギー性鼻炎に分類されています。

花粉といった場合、日本の花粉では大半がスギ花粉のことを指します。

スギ花粉の飛散量増加の原因を作ったのも日本人です。

第二次大戦後、建材および治水・治山の目的で全国に広くスギが植林されました。

植林されたスギが成長し、1960年代後半より花粉生産力の強い樹齢30年程度に一斉に達し始めたためであるといわれています。

花粉になった東京都知事の号令で、花粉が飛ばないスギの開発も始まっているようですが…
花粉を持つ方の中には、スギ花粉だけではなくヒノキ科、ブタクサ、マツ、イネ科、ヨモギなど他の植物の花粉によるアレルギーを持つ人も多くいます。

現在、花粉を引き起こす植物は、60種類以上報告されていますが、70%がスギ花粉による花粉です。

最近は旅行会社が、スギがない沖縄県や北海道へ、花粉を避けるための旅行ツアーを売り出すことも行われています。(俗に花粉疎開とも呼ばれてます)
花粉疎開を、ひとつの観光資源として誘致に名乗りをあげる地域もあるようです。

喘息の息子さんを連れて、(喘息のタイプによっては、気圧の関係で発症するそうです)
気圧の安定した北海道に2ヶ月間避難した友人がいましたが、北海道は花粉も避難場所になるんですねぇ…


スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<「履歴書の書き方」 | HOME:話題のピックアップ | 手紙 (東野圭吾著)>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。