派遣健保 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
派遣健保 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > 派遣健保




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
派遣健保
派遣で働く人が増えた世の中を反映しているか、派遣健保がやっと出来ました。

派遣健保とは、人材派遣業界でつくられた「人材派遣健康保険組合」のことです。

派遣で働く場合、人材派遣会社との契約が切れた場合は、派遣会社の社会保険が喪失し、派遣の仕事と仕事の間の空白期間は社会保険がありません。

そのため、派遣で働いていない期間は、国民健康保険と国民年金保険に切り替えることが必要でした。

派遣で働き契約が切れるまでの、それまで社会保険に加入していた期間が2ヶ月以上あれば「任意継続被保険者制度」を使って社会保険の継続はできました。

しかし、「任意継続被保険者制度」では、仕事をしている時には会社と半額づつ負担していた会社分の保険料まで自分で払う必要がありました。

派遣の収入は、一般的にパートやアルバイトに比べて高収入ですので、収入で保険料が決定する社会保険料を全額自己負担するのは大きな負担です。


2002年の5月に設立された「人材派遣健康保険組合」では、派遣期間が満了しても派遣健保に継続して2ヵ月以上加入していれば、本人の申請により引きつづき、派遣健保の被保険者になることができます。

また、問題の社会保険の保険料は、派遣で働いていた時に比べて、引き下げられた保険料だそうです。

また次の派遣の仕事が1ヶ月以内に開始される契約があれば、そのまま手続きなしで派遣健保の被保険者でいることができます。

社会保険には、国民健康保険の他に、大企業や業種毎で独自に運営する保険組合と政府管掌健康保険があります。

人材派遣健康保険組合の保険料率は、政府管掌健康保険よりも0.5%低くなっているので負担も少なくて済むようになっています。

しかし、自分が登録している人材派遣会社が人材派遣健康保険組合に加入していなければ派遣健保には加入できません。

派遣先を選ぶ時に、保険が必要な場合は確認が必要です。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<不妊治療 | HOME:話題のピックアップ | 禁煙に役立つニコチン依存度チェック>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。