香水の上手なつけ方 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
香水の上手なつけ方 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 美容・ダイエット・アロマ > 香水の上手なつけ方




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
香水の上手なつけ方
香水を付ける場所と一般的に言われている場所は、色々あります。

ちなみに、香水を耳たぶにつけるのはNGです。
耳たぶは体温が低く、また紫外線の影響も受けやすいのです。

・耳の後ろ 
 香水をつける場所として、もっとも一般的な場所といえば、耳の後ろです。
 紫外線の影響を受けず、体温も高い場所なので、香水の良い香りが持続します。
 (髪の長さにもよりますが…)

・手首 
 ここに、香水をつけるのも、定番です。
特に手首内側の脈があるところは、体温が高く香り立ちがよいです。
 
・腰 
 さりげなく香らせたい場合におすすめの、香水をつける場所です。

・足 
 香りは、上に向かって立ち上るので、濃い香りの香水には、特におすすめの場所です。
太ももの内側や、ひざ裏側の静脈のある場所が、体温も高く、香水の香りが広がり効果的です。

・スカートの裾 
 歩くたびにふんわり香る、おしゃれなつけ方です。ただ、薄手の服やシルクでは、香水を直接つけるとシミになることもありますので、注意しましょう。


香水は時間で香りが変わってくるので、香りが一番開く時間を逆算してつけるのが効果的なのですが、香水を直ぐにつけたい場合は…
目線より少し上の空中に香水を1プッシュして、その中をくぐりぬけると、体全体に淡い香りをまとうことができます。

また、この香水のつけ方は、さりげなく香水を香らせたいという場合も効果的です。



香水をつける場所として、一番のおすすめは、太ももの内側やひざ裏側です。
香水は、アルコールが揮発することで香りが下から上に上りって香ります。
また、香水が自分の鼻の近くで香るのは、香水本来の香りの楽しみ方ではないのです。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<レギンス | HOME:話題のピックアップ | 香水の香りを楽しむ基礎知識>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。