おせちはヘルシー食 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
おせちはヘルシー食 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 教育・英語 > おせちはヘルシー食




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
おせちはヘルシー食
おせちは、海外で世界的な健康ブームから見直されている日本食の原型がおせち料理ともいえます。

おせち料理には、野菜・卵・豆・芋・海藻栄養バランスがよく入ってます。

おせちは、食生活の乱れがちな現代人にぴったりのヘルシーメニューが詰まっています。


おせち料理の中でもイマイチ人気の無い「田作り」の食材は片口イワシです。

片口イワシには、カルシウムや頭の働きに良いとされるDHAがたくさん含まれています。
小魚類のカルシウムは、成長期の子どもやマタニティの方には特に必須な栄養素です。
おせち料理で最後に残りがちな田作りですが、カルシウムやDHAの補強のためにもぜひ食べていただきたいおせち料理の一つです。

黒豆には、良質なたんぱく質が含まれています。
黒豆を初めとした大豆類は、イソフラボンやアントシアニンなど病気を予防するさまざまな栄養素が豊富です。
おせちの中で黒豆は人気が高いおせち料理です。

おせちの中でも現代でも縁起物として用いられる数の子がおせち料理に入ったのは、室町時代後期頃からだそうです。
数の子には、たんぱく質、ビタミンEなど生活習慣病を予防する栄養素が含まれています。

おせちに入るおせち料理には、お正月の祝いモノとしてだけではなく、1年を通して食べたい栄養豊富なお料理です。

おせちは現代でも「おせち料理は保存がきく」と思われていますが、注意点があります。
残ったおせちは、冷蔵庫に入れる。もしくは、気温の低い部屋でおせちを保存してください。

おせち料理には、酢で和えてあったり、火が通されていたりと、比較的日持ちする料理ですし、おせちの飾りで使う、笹・シソ・松には、殺菌効果や料理を日持ちさせる働きがあります。

日持ちするからと言っても、現代住宅事情は昔の日本家屋とは大きく違います。
現代の住宅は、高気密な住宅環境ですので、おせちを室温で保管するのは危険です。

おせちが余ったら、必ず冷蔵庫で保存してください。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<おせち 作る派? 買う派? | HOME:話題のピックアップ | おせちは福を招く料理 >>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。