おせち 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
おせち 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > おせち




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
おせち
おせちは、日本の正月には欠かせない料理です。

おせちが無ければお正月に食べるものは何も無い時代ではない現代ですが、やはりお正月におせちを食べなければ、なんとなくお正月気分は味わえないのでは?。

おせちは地方や地域によっておせちに入る品目は違えど、どの家庭でもお正月におせちを食べる習慣があります。

おせちは日頃休みの無い主婦の為の料理とよく聞きますが、もっと昔から意味もあります。

おせちは、もともと「お節供(おせちく)」とよばれた神様へのお供え物がおせちの原型といわれています。

おせちは、地方によっては「節供」「節会」「節日」とも言うそうです。

節句には、現代でも行う桃の節句や端午の節句がありますが、昔は節句に食べるお供物の事を全ておせち料理と称していたそうです。

おせち料理を作って「節供」としてた神前へのお供えの習慣が、季節をあらわす「節句」と表記されるようになった事で、おせち料理をお供えする習慣がなくなりました。

おせち料理の中でも、最もご馳走の多いお正月のおせち料理がおせちとして、現代まで残っているそうです。

おせちの原形が今のようになったのは、江戸時代後期からだといわれています。

江戸時代は、一日2食が基本だったそうですが、それでも世の中が安定し、食生活が豊かになって庶民のパワーが溢れていた時代です。

江戸時代に誕生したといわれる落語にはおかみさんを初め、女性が登場し活躍してる話が沢山出てきます。、

おせちを作ることで、年中無休の主婦の家事や女性がお休みと認められたもの、もしかすると江戸時代後期からなのかも知れませんね。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<おせちは福を招く料理 | HOME:話題のピックアップ | 静電気の恩恵と静電気の事故>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。