シュトーレン(シュトレン) 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
シュトーレン(シュトレン) 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 暮らし&LOHAS > シュトーレン(シュトレン)




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
シュトーレン(シュトレン)
シュトーレン(シュトレン)は、ドイツの伝統的なクリスマスケーキです。

シュトーレン(シュトレン)の本場ドイツでは、シュトーレンはクリスマスに食べるクリスマスケーキと言うよりも、クリスマスをお迎えする為に食べるクリスマスケーキです。


シュトーレン(シュトレン)シュトーレン(シュトレン)の知名度が高くなり、最近は日本でもクリスマスケーキとしてシュトーレンの人気が高くなってます。

シュトーレン(シュトレン)には、日本のクリスマスケーキのような華やかな飾りつけはありません。

シュトーレン(シュトレン)は楕円形で素朴な感じのドイツのクリスマスケーキです。

シュトーレン(シュトレン)は、どちらかと言うとクリスマスケーキというよりパンに近い製法です。

ですから、シュトーレン(シュトレン)を販売するのはドイツではパン屋さんが主に販売します。


シュトーレン(シュトレン)はクリスマスケーキですから、シュトーレンを楕円形に成形するのもクリスマスにちなんだ由来があります。

シュトーレンの形は、クリスマスに生まれたイエス・キリストがおくるみに包まれている形からクリスマスケーキであるシュトーレンの形になったとか、ベビーベット代わりだった飼馬おけの形から連想してシュトーレンの形になったとかです。

シュトーレンは、たっぷりバターを使いイースト発酵のパン生地の中に、ラム酒漬けしたレーズンを初めドライフルーツやアーモンド等のナッツ類をたっぷり混ぜ、ジンジャーやシナモンやジンジャーなどのスパイスを加えて、楕円形に成形し焼き上げます。

焼きあがったシュトーレンの飾りは、粉砂糖。
雪のようにシュトーレンの上に粉砂糖をふりかけます。

日本シュトーレンは小麦粉の違いか気温の違いなのか、残念ながら余り日持ちがしないそうですが、本場ドイツのシュトーレンは、約二ヶ月ほど日持ちするそうです。

シュトーレンは日が経つにつれて生地とフルーツ等の熟成が進み、シュトーレン独特の香りと奥深い味わいを、ドイツのシュトーレンは楽しむことができます。


シュトーレンクリスマスの1ヶ月前のアヴント(降臨節)に焼きあげ、4本のキャンドルを用意します。
日曜日が来るごとに、1本ずつキャンドルに火を灯し、シュトーレンを薄く切り分け、家族で少しずつ食べながら、クリスマスを待ち望むのが、ドイツの伝統的なクリスマス前の習慣だそうです。


シュトーレン(シュトレン)のほかには、ドイツのクリスマスのお菓子として、シナモンスターやスペクラチオスがあります。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<ブッシュ・ド・ノエル「Buche de Noel」 | HOME:話題のピックアップ | サマンサタバサ(Samantha Thavasa)>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。