温泉の種類 話題のピックアップ
はやりもの・テレビ・アニメ・映画・芸能人・お笑い・新製品等の旬の情報から健康と美容に役立つ漢方・サプリメント・自然食品等の知識やアンチエイジング・ダイエット・エステ・化粧品・髪・整形の情報やシニア向けの介護・老人ホームの選び方。インターネットビジネスを初めとしたビジネス情報や転職・就職・派遣などのリアルな仕事に役立つ情報。株やFXから保険やクレジットや節約術などお金に関する身近な情報。ファッション・ショッピング・インテリア・雑貨・ロハス・宅配・通販等など情報のピックアップは暮らしや生活に役立つ情報満載。快適な暮らしの情報をピックアップ!!
温泉の種類 話題のピックアップ
TOP:話題のピックアップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 旅行・観光 > 温泉の種類




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

編集
温泉の種類
温泉は、何となく健康に良いというイメージがあります。

温泉には健康に対する効果がある一方で、入浴方法や個人の体質によっては悪影響もあることをご存知でしょうか?

どの温泉にも共通にみられる効能は「一般適応症」と呼ばれますが、温泉の泉質ごとに異なる効能もあることが温泉に関する医学的な研究結果から分かっています。

温泉の泉質による効能の違いがありますので、泉質で温泉を選ぶ方法もあります。


含鉄泉
鉄を含む温泉
水中の鉄分が空気に触れる事によって酸化するため、湯の色は茶褐色で、殺菌消毒作用があります。
炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがあり、この泉質の温泉は保湿効果が高いので、体がよく温まります。
貧血に効きます。


含銅・鉄泉
銅および鉄を含む温泉
水中の金属分が空気に触れる事によって酸化するため、湯の色は黄色です。
含鉄泉同様、炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがあります。
血症、高血圧症などに効きます。

含アルミニウム泉
アルミニウムを主成分とする温泉
旧泉質名は、明礬泉、緑礬泉など、殺菌消毒作用があります。
肌のハリを回復させる効果があって、慢性皮膚病、水虫、じんましんなどにも効きます。
明礬泉はとくに眼病に効果があるとされています。

酸性泉
水素イオンを多く含む強い酸性の温泉(PH3以上)。
刺激が強く、殺菌効果が高く、古い肌を剥がし新しい肌に刺激を与えて自然治癒力を高める効果もあります。
水虫や湿疹など、慢性皮膚病に効きますが、肌の弱い人は入浴を控えるか、入浴後に真水で体をしっかり洗い流すなどの配慮が必要です。

二酸化炭素泉
無色透明で炭酸ガスが溶け込んだ温泉です。旧泉質名は単純炭酸泉。炭酸ガスが体を刺激し、毛細血管を拡張して血行をよくする効果があります。入浴による効果は、心臓病や高血圧の改善で、飲泉は便秘や食欲不振によいとされています。
スポンサーサイト
スポンサードリンク

編集
<<劇場版「おいでよ動物の森」 | HOME:話題のピックアップ | デトックス効果の高い温泉の泉質>>

最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。